あけましておめでとうございます

わたしは確信する。
死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、
わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。
~ローマ8:38-39~

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
旧年中は私たちのために尊いお祈りとご協力を賜り心から感謝申し上げます。
今年も皆様方とご家族の上に神の恵みと祝福が豊かにありますようにお祈り申し上げます。

主管牧師 井上義実
牧師夫人 井上賛子
担任牧師 中島秀一
牧師夫人 中島きよ子
船橋担当牧師 長谷部裕子
教会主事 黛藤夫
勧士  矢島志朗

■教団標語
「今こそ、次世代への宣教と信仰継承を 教団創立70周年の年、次世代宣教3年目」(4月から)

■教団聖句
「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる。」出エジプト記33章14節
「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」Ⅱテモテ4章2節

■教会標語
「荻窪栄光教会新ビジョン・2年目(2020年度)=準備の年 (継続・3年目、総会決定)

■教会聖句
「主はシオンを慰め、またそのすべて荒れた所を慰めて、その荒野をエデンのように、そのさばくを主の園のようにされる。こうして、その中に喜びと楽しみとがあり、感謝と歌の声とがある。」イザヤ書51章3節

「神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい。」Ⅱコリント5章20節

 

礼拝放送

メッセージ

招詞   ネヘミヤ8:9~10
賛美     新20(聖ナシ)
主の祈り  新826頁
使徒信条 新826頁
交読文  3(詩篇16篇)830頁
賛美   新409(聖546)
聖書     コロサイ3:12~17
説教   「神様の真実に生きる」井上義実師
賛美  新378(聖710) 
頌栄  新63(聖383)
祝祷

「神様の真実に生きる」井上義実師

荻窪栄光教会の美点に新年聖会の開催が挙げられます。現在、教会で聖会が開催されないきよめ派の教会も多いことです。歴史あるさまざまな聖会も出席者は減少気味です。きよめ派にあって、聖化のメッセージが語られない、届いていかない現状をどう捉え、対応するか問われています。幾つも原因を挙げることができるでしょう
が、

1)教会がこの世に合わせて世俗化していないでしょうか。この世の価値観、この世の感覚が支配的になってきているのかも知れません。高きに留まることができず低きに流れるのは人の常でもあります。

2)きよめのメッセージを伝える努力をしてきたのでしょうか。過去の聖徒たちの言葉を今に伝えていく努力や、現在の言葉に置き換えていくことが必要でしょう。

3)きよめの証しがなされているでしょうか。あの人のようになりたい、あの人のように生きたいと願う姿を先に歩む私たちが持ち得ているのでしょうか。課題は多くありますが、きよめは神様が導かれる恵みであり、生きて働くものです。終末へと向かっていく、暗さや闇が深まっていく、これからの時代にこそさらに必要なものであるはずです。

1.真実をゆがめるもの

私たちの教団の初代委員長であり、霊的な指導者であった小島伊助師のコロサイ書講解にこのようなくだりがあります。B.F.バックストン師の最後の来日(1937年、S12年)の特別講演の質問に「きよめの良い参考書は何か」と問われ、「パウロの小書簡をよく読むように」との答えが記されています。ガラテヤ、エペソ、ピリピ
、コロサイ、テサロニケ… 従って、今日はこの手紙全体から見ていきたいのです。コロサイという町は小アジアの内陸部フルギヤ地方、ラオデキヤ、ヒエラポリスといった都市に近く、この時代はそう大きな町ではなかったようです。コロサイ教会にも、使徒時代の他教会と同様に異端が入り込もうとしていました。

詳しくは解りませんが、「むなしいだましごとの哲学」(2:8)とは、知識を求める理性至上主義ですし、ギリシャ哲学の流れがあったでしょう。「食物と飲み物…祭や新月や安息日など」(2:16)とは、何より形を求めるユダヤ人による律法主義と言えます。「天使礼拝」(2:18)とは、礼拝の対象ではない、天使を崇める神秘主義等が挙げられています。


これらは今の時代にも、形は変わっても生き続けています。私たちを神様の真理から引き離そうとする悪の働きなのです(ガラテヤ5:7-9)。私たちは一層、目を覚ましていなければなりません。

2.真実に導かれていく

正しい教えに立つために、1章で「福音」が強調されています。福音は字義通り「福」=良い、幸いな、「音」=知らせ、音づれです。明治元訳聖書、最初の日本語訳聖書以前の漢訳聖書から来ている言葉だと言われます。

福音は真理の言葉(1:5)、実を結んで成長し(1:6)、主の働き人から学び(1:7エパフラス)、望みを持たせ(1:23)、全ての人に伝えられる(1:23)ものとしてここに描かれています。旧約聖書では敵に勝利した告知(イザヤ40:9、52:7)、勝利のほめ歌でした。新約聖書では私たちの究極の敵である私たちを汚す罪、滅びに向かわせる死、私
たちを神様から引き離そうとする悪魔の力、これら全てにイエス様は十字架によって勝利をされました。

この福音によって私たちは救われ信仰に生きる(ローマ1:16・17、「すべて信じる者に、救を得させる神の力である。」「信仰による義人は生きる」)。福音は、義と認められる、新しく生まれる、罪が赦される、神様と和解し平安を得る、子とされて相続人とされる、永遠の命を受けるという救いの実がもたらされます。

例え、救いがここまでであっても十分でしょう。しかし、この手紙の頂点は、さらに高い恵みを指し示しています。奥義と記されてい
る内住のキリストです(1:27)。至高、永遠、完全であって、愛と義と聖であり、真理と光である…このイエス様を内に頂くのは、全てを超越したことである。「キリスト、わが内にありて生きたもうなりが、きよめなのだ。」(竹田俊造師)。この尊い御方を内に宿しているならば、汚れた存在であるはずはない。キリストが内に来て
くださるならそこは全てきよくされるのです。

3.真実を内にいただく

救いを頂き、さらにキリストを内にいただくきよめへの導きとはどのようなものでしょうか。私たちの信仰を言い表している信仰告白「わたしたちは、キリストの血によってすべての罪からきよめられ、神のものとされ、聖霊のバプテスマを受け、その内住による全き支配によって、…」(教団信仰告白)はこのように宣言しています。

イエス様を救い主と告白する信仰によって義とされ、救いに与った者が神様のきよさを真実に祈り求めるなら、聖い神様の霊が圧倒的に臨んで下さいます(ルカ11:9-13「天の父はなおさら、求めて来る者に聖霊を下さらないことがあろうか。」、ローマ8:9-11「しかし、神の御霊があなたがたの内に宿っているなら、あなたがたは肉におるのではなく、霊におるのである。もし、キリストの霊を持たない人がいるなら、その人はキリストのものではない。もし、キリストがあなたがたの内におられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、霊は義のゆえに生きているのである。」) 。

聖霊の支配、満たし(B.F.バックストン師、「聖霊の占領」)を受ける。水ではなく火によるバプテスマ(マタイ3:11「わたしは悔改めのために、水でおまえたちにバプテスマを授けている。しかし、わたしのあとから来る人はわたしよりも力のあるかたで、わたしはそのくつをぬがせてあげる値うちもない。このかたは、聖霊と火とによっておまえたちにバプテスマをお授けになるであろう。」)であり、聖霊が汚れを焼ききよめられる(レビ記6:12-13「祭壇の上の火は、そこに燃え続かせ、それを消してはならない。祭司は朝ごとに、たきぎをその上に燃やし、燔祭をその上に並べ、また酬恩祭の脂肪をその上で焼かなければならない。火は絶えず祭壇の上に燃え続かせ、これを消してはならない。」)ことができます。

この火は私たち自身がささげ続けられることによって、絶えることなく私たちをきよめ続けていくのです。火ときよめは、聖霊とイエス様の不可分の共働の働きによってなされていきます。この手紙はきよめをイエス様の働きの面から記しています。私たちが聖霊によってきよめられ、イエス様が住んで下さるきよい器となりましょう。

今朝よんでいただいた箇所はこの手紙の結論に当たります。私たちがきよめられて持つことのできる実際の実です。この年、この一つでも聖霊によって、主にあって結ばせていただきましょう。

※オンラインでは、席上献金のみ可能です。

オンライン席上献金

このサイトの通信はSSLで保護されています。

クレジットカードでの席上献金が可能です。金額を入力してお献げください。

席上献金以外は、銀行振込、または、ゆうちょ銀行【払込取扱票】をご利用ください。

「CVC」が不明な方はこちらをクリック

献金明細が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。
不要な方は、メールアドレス欄は空欄のままで構いません。

¥

月定献金について

各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。(Ⅱコリント9:7)

ゆうちょ銀行 払込取扱票によるお払込

週報をお送りする際に、ゆうちょ銀行の【払込取扱票】を同封しています。

内容を明記していただきご送金をお願いいたします。

教会財務で確認できましたら領収書を発行して週報ボックスに入れておきます。(週報をお送りする際に同封します)

※お払込・お振込をご利用の際は、控えとして、月定献金袋の明細票にも内訳をご記入ください。

三菱UFJ銀行 指定口座へのお振込

荻窪支店(157) 普通口座番号:1557348
宗教法人日本イエス・キリスト教団 荻窪栄光教会

お振込をされた方は、恐れ入りますが、以下の連絡フォームか、メール、FAXで、献金の内訳をお知らせください。

※お払込・お振込をご利用の際は、控えとして、月定献金袋の明細票にも内訳をご記入ください。

三菱UFJ銀行へお振込みいただいた方は、こちらをクリック!
半角数字を入力してください

コイノニア(交わり)

学びの紹介

 「学びの紹介」では、私たちの信仰の成長や、より深い聖書理解のために役に立つコンテンツを紹介して参ります。

ここにいるユダヤ人はテサロニケの者たちよりも素直であって、心から教を受けいれ、果してそのとおりかどうかを知ろうとして、日々聖書を調べていた。そういうわけで、彼らのうちの多くの者が信者になった。(使徒行伝17:11-12 口語訳)

聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである。(テモテへの第二の手紙 3:16-17 口語訳)

Zoom祈祷会へのお誘い

毎週木曜日20時からzoom祈祷会を行っています。

この祈祷会にはPC、スマホ、タブレット等で参加することができます。はじめに井上師が聖書からメッセージを語ってくださいます。それから小グループに分かれ、それぞれの祈祷課題を出し合ってから、順番に祈っていきます。

画面越しのやりとりなので初めは少し戸惑うかもしれませんが、それは本当に最初だけで、すぐに慣れますよ。場所や時間に縛られない新しい形の祈り会にあなたも参加してみませんか。

参加方法は、教会からのメールを確認していただくか教会にお尋ねください。

このWebサイトの編集について

このサイトは、Webグループ・メンバーが管理更新を行っています。文章の追加・編集・要望などは、以下のフォームからご連絡ください。

【Webグループ(2020年9月1日現在)】
馬越嶺、馬越正就、阿部修一、大垣義信、丹羽琢也、長谷川綾子、宮沢哲男、矢島志朗、アドバイザー上坂栄太

お名前はフルネームでご記入ください。

井上先生への連絡や質問

~ 荻窪栄光教会・船橋栄光教会の皆様へ ~

このメールは私・井上に直接届きます。ご遠慮なくお送り下さい。言うまでもありませんが、プライバシー・守秘事項は守りますのでご安心下さい。井上義実

お名前はフルネームでご記入ください。