わたしは確信する。

死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、
力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、
わたしたちの主キリスト・イエスにおける神の愛から、
わたしたちを引き離すことはできないのである。
(ローマ8:38-39)

ピックアップ

学び

礼拝順序

招詞   ピリピ2:15~16
賛美   新137(聖ナシ)
主の祈り  新826頁
使徒信条 新826頁
交読文  24(詩篇67篇)898頁(新改訳)
賛美   新267(聖466)
聖書    民数記21:1~9
説教  「罪を越えた愛」井上義実師 聖書各巻緒論(4)
賛美  新402(新723)
頌栄  新63(聖383)
祝祷

礼拝放送

動画は、再生中に画面をスクロールしても画面右下に表示されます。※パソコンサイズのみ

説教題:「罪を越えた愛」
聖書各巻緒論(4)

井上義実師

聖書箇所:民数記21:1~9

聖書通読を進めています。聖書全体を読み進めるための一助として聖書各巻の緒論を始めました。その第四回となります。

聖書通読は、民数記辺りから辛くなってくるのではないでしょうか。

カタカナの名前と部族の人数がたくさん出てきて味気なく思える書巻かも知れません。

Ⅰ.基本的なことがら

著者

伝統的な受け止めとしてモーセ(モーセ五書の第四巻)になります。

民数記の名称の由来は、1章、26章に2回人口調査がなされたことにあります。この人口調査の結果が人名と人数の列記になります。ただ本書全体から見てみますと、分量的には短いものです。

記述の多くは、40年間の荒野の旅の歴史と、神様が与えられた律法、決まり事になります。この2回の人口調査は出エジプトから2年目の時点と、その約38年後の時点でとられています。

この2回を比較しますと、荒野の40年間で人口はほぼ変わっていないのです。荒野での過酷な環境であり、幼子から高齢者まで、大人数の移動を考えれば主の守りは確かなことです。

恐らく普通ならば人口は大幅減か、民族自体が滅んでいたとしてもおかしくないでしょう。

荒野の40年間はイスラエルの民の不信仰が招いた懲罰だけではなく、主が守られ助けられたカナンへの旅路であったことを忘れてはならないのです。

執筆年代

出エジプトの年代を早期説としてB.C.1450年頃。創世記、出エジプト記、レビ記、民数記の順に記されたことが理に叶っています。

大区分:1~12章

シナイ出発、12部族の陣営・秩序、パランの荒野、カナンを前にしたカデシュ到着。

13~19章 

カナン偵察隊12人の派遣、ヨシュアとカレブ以外は心をくじかせる報告をする、民の不信仰、結果としての40年間の荒野の旅路。

20~36章 

カデシュに戻る、ミリアム・アロンの死、バラク・バラムの惑わし、エドムを巡る旅路。

Ⅱ.基本的なメッセージ:「不信仰と失敗」1~7章

民数記でも荒野でのイスラエルの民は、神様の愛、神様の大能を知りながら背き、不信仰を繰り返しています。

民数記中に記されたイスラエルの民の不信仰は、食物の欲心(11:33・34)、ミリアム・アロンによるモーセへの非難(12章)、カナン征服への民の不信仰(14章) 、コラ・ダタン・アビラムの反抗、彼らが滅ぼされたことへの民の非難・反抗(16章)、荒野の旅の不平不満(21:4~9)、モアブ人の娘・バアル神との淫行(25章)、これでもかと神様への反逆が出てきます。

人間の罪の本質の根深さ、執拗さを感じざるを得ません。モーセは誰よりも柔和であったと聖書に記されています(12:3)。モーセは、度重なるイスラエルの民の反抗にも、命がけで執り成し続けたのです。

そのモーセであっても、痛恨と言えるメリバの水のできごとが起こります(20章)。岩に命じるだけで良かったものを、モーセは杖で岩を2度打ってしまいました。さすがのモーセも怒りを抑えられなかったのです。

神様の命に反したモーセはただ一度の失敗によってカナンに入れませんでした。人間的な力、能力に立つならばモーセでさえも神様の御心に叶うことはできないという事実は重いものです。

Ⅲ.基本的なメッセージ:「青銅の蛇を仰ぐ」21:1~9

素晴らしい人格を持ったモーセでさえ失敗し、裁かれたのであれば、私たちの救いはどこにあるのでしょうか。

21章では、イスラエルの民の不満に神様が燃える蛇を送り、多くの民が蛇の毒に倒れました。モーセは神様に助けを祈り、神様はモーセに青銅の蛇を作らせ、蛇に咬まれた民に仰がせられました。

これが、イエス様がニコデモに語られた故事です(ヨハネ3章)。荒野の生活に不満を持った者は、神様を仰がず感謝を失っていたからです。

蛇に咬まれて倒れても青銅の蛇を仰がなかった者は心頑なにして、不信仰に陥っていたからです。このことから、神様を仰ぐ信仰を持つなら、罪を犯していても赦しと回復があるのです。

モーセよりも人間的にはずっと足りない私たちですが、神様を仰いで信頼することこそ救いの道なのです。

今、私たちが仰ぐのは十字架にかかられたイエス様以外にありません。

荒野の民は神様から離れてつぶやき、不信仰の罪を犯して裁きを招きました。今、イエス様の十字架を通して救いの道が開かれたのは、神様の愛と憐みの故なのです。

さらに私たちは、聖霊によって柔和の実を結び(ガラテヤ5:23)、柔和な心で執り成す者となることができます(同6:1・2)。

柔和さは弱さではありません。柔和さによって勇気、力をいただいてこの世にイエス様を表わそうではありませんか。

※オンラインでは、席上献金のみ可能です。

オンライン席上献金

席上献金以外は、銀行振込、または、ゆうちょ銀行【払込取扱票】をご利用ください。

明細が必要な場合は、メールアドレスをご記入ください。
不要な方は、メールアドレスは空欄で構いません。
このサイトはSSL通信で保護されています。

「CVC」が不明な方はこちらをクリック
¥

月定献金について

各自は惜しむ心からでなく、また、しいられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛して下さるのである。(Ⅱコリント9:7)

ゆうちょ銀行 払込取扱票によるお払込

週報をお送りする際に、ゆうちょ銀行の【払込取扱票】を同封しています。

内容を明記していただきご送金をお願いいたします。

教会財務で確認できましたら領収書を発行して週報ボックスに入れておきます。(週報をお送りする際に同封します)

※お払込・お振込をご利用の際は、控えとして、月定献金袋の明細票にも内訳をご記入ください。

三菱UFJ銀行 指定口座へのお振込

荻窪支店(157) 普通口座番号:1557348
宗教法人日本イエス・キリスト教団 荻窪栄光教会

お振込をされた方は、恐れ入りますが、以下の連絡フォームか、メール、FAXで、献金の内訳をお知らせください。

※お払込・お振込をご利用の際は、控えとして、月定献金袋の明細票にも内訳をご記入ください。

三菱UFJ銀行へお振込みいただいた方は、こちらをクリック!
半角数字を入力してください

コイノニア(交わり)

コイノニアは、交わりのためのコーナーです。追加したい方はこちら

見よ、兄弟が和合して共におるのはいかに麗しく楽しいことであろう。(詩篇133:1 口語訳)

学びの紹介

 「学びの紹介」では、私たちの信仰の成長や、より深い聖書理解のために役に立つコンテンツを紹介して参ります。

ここにいるユダヤ人はテサロニケの者たちよりも素直であって、心から教を受けいれ、果してそのとおりかどうかを知ろうとして、日々聖書を調べていた。そういうわけで、彼らのうちの多くの者が信者になった。(使徒行伝17:11-12 口語訳)

聖書は、すべて神の霊感を受けて書かれたものであって、人を教え、戒め、正しくし、義に導くのに有益である。それによって、神の人が、あらゆる良いわざに対して十分な準備ができて、完全にととのえられた者になるのである。(テモテへの第二の手紙 3:16-17 口語訳)

Zoom祈祷会へのお誘い

毎週木曜日20時からzoom祈祷会を行っています。

この祈祷会にはPC、スマホ、タブレット等で参加することができます。はじめに井上師が聖書からメッセージを語ってくださいます。それから小グループに分かれ、それぞれの祈祷課題を出し合ってから、順番に祈っていきます。

画面越しのやりとりなので初めは少し戸惑うかもしれませんが、それは本当に最初だけで、すぐに慣れますよ。場所や時間に縛られない新しい形の祈り会にあなたも参加してみませんか。

参加方法は、教会からのメールを確認していただくか教会にお尋ねください。

このサイトの編集について

このサイトは、Webグループ・メンバーが管理更新を行っています。文章の追加・編集・要望などは、以下のフォームからご連絡ください。

【Webグループ(2021年4月24日現在)】
阿部修一、馬越正就、馬越嶺、大垣義信、丹羽琢也、長谷川綾子、宮沢哲男、目黒由美子、矢島志朗、アドバイザー上坂栄太

お名前はフルネームでご記入ください。

井上先生への連絡や質問

~ 荻窪栄光教会・船橋栄光教会の皆様へ ~

このメールは私・井上に直接届きます。ご遠慮なくお送り下さい。言うまでもありませんが、プライバシー・守秘事項は守りますのでご安心下さい。井上義実

お名前はフルネームでご記入ください。